会計事務所の利用法

会計事務所の利用法

会計事務所をなるべく安く有効的に使う方法を紹介します。会計事務所を利用する歳には、何でもかんでも代行してもらおうとせず、チェックだけをお願いするようにしましょう。自分で会計ソフトへのデータ入力を行えば、非常に安く顧問費用を抑えることができます。

 

 

 

また、税務相談などは税務署に電話して行えば無料となります。ただし、税務署の職員は節税の観点からは全くといっていいほどアドバイスしてはくれません。自分で税務を勉強して節税に努めることが大切です。

 

 

 

会計や税務は非常に難しいものなので、相当な勉強量と努力は必要になりますが、避けては通れないものですし、税務や会計が分かれば、銀行との付き合いやお客さんとの付き合いが良好となりますので、頑張って勉強することが大切です。

 

 

 

面倒だからといって、会計や税務業務全てを丸投げしようとすれば、顧問料は高くなります。また、万一、会計事務所が間違った会計処理や税務処理を行ったとしてもチェックすることができません。

 

 

 

プロにお願いしたんだから、間違いがないと考えるのはとても危険です。例え、経理や税務業務の代行をお願いするにしても、そのチェックは自分で行なえなければならないのです。

 

 

 

会計事務所のより良い利用法を考えるためにも、結局は自分が会計や税務の知識がなければなりません。

 

逆に言えば、会計や税務の知識があれば、ほとんどの会計や税務処理を自分でこなせますし、会計事務所の有効的な利用法も自ずと分かってきますので、なるべく自分でできるように勉強することが一番大切です。