相続税の基礎知識:相続税申告書作成の為の準備資料

相続税の基礎知識:相続税申告書作成の為の準備資料

相続税の支払いをするためには申告書作成をしなければいけませんが、このときには申告書のほかにも資料が必要になりますのでこれらは必ず準備をしなければいけません。

 

 

 

何故必要になるのかというと、相続税は自分のところで計算をした上で申告書を作成するのですが、その税金の申告額が本当にあっているのかどうかの証拠になるからです。かなりの莫大な量の資料が申告書作成には必要になりますが、それらを全て集めるようにしてください。

 

 

 

まずは被相続人の戸籍謄本です。その他にも脂肪診断書、そして住民票の除票、さらに被相続人の過去三年間の所得税の確定申告なども必要になります。その他にも被相続人関係の資料は本人のケースにより色々と必要になることもあります。

 

 

 

また相続人側の資料も沢山あります。相続人であることを確認するために戸籍謄本が必要になります。そして相続人全ての印鑑証明と住民票、そして経歴や家族構成の資料なども必要になるのです。

 

 

 

また遺産分割協議書も必要になります。これは遺産分割について相続人が取り決めをしたときの決め事を書いているものです。誰にどのような財産が分割されるのかについて書いています。

 

 

 

また、未成年の人が相続をする場合には代理人の印鑑証明や戸籍謄本などが必要になります。まだまだ沢山の書類が必要になりますが、かなり大変ですので法律のプロに代行をしてもらうという方法があります。

 

これでもれなく資料を集めてもらうことができるのです。