個人事業の銀行口座

個人事業の銀行口座

僕なんかもそうだが、個人で事業を行っている人も最近では多いよね?個人で事業を行って、それなりの収入を得ている人は、確定申告をして、自分が支払うべき税額をはっきりさせておく必要があるんだ。

 

 

 

このとき重要になるのは、実際にお金を受け取った証拠になる銀行口座の記録だ。
銀行口座は、個人の場合、一つしか開設していないというケースも多いかもしれない。すると、仕事用も生活用もすべて同じ銀行口座を使ってやり取りをしていることになってしまう。でもこれって、確定申告をするときに、自分の所得を計算する際に、けっこうややこしくなってしまうことが多い。

 

 

 

別に毎月決まった額の収入であれば、問題はないかもしれない。しかしそのようなこと、個人事業をやっていると皆無に近いことはよくわかっているだろう。
もしスムーズに所得の計算をしたかったら、仕事用の口座と生活用の口座は、きちんと別々に分けておくことをお勧めする。事業用を独立させると、仕事上の出入金が分かりやすくなる。