サラリーマンの必要経費

サラリーマンの必要経費

サラリーマンは、会社の方で給料を受け取るときにすでに、源泉徴収という形で、税金分が差し引かれてしまっている。自営業者やフリーランスの人は、自分で必要経費などをチェックして、自分の税額を自分で調整することができる。

 

 

 

サラリーマンだって、いろいろと必要経費を自分で負担をしているはずなんだ。スーツを購入するためにそれなりの出費があるだろうし、仕事のための情報収集をするためにケータイやパソコンを購入するという人だっているはずだ。

 

介護 フランチャイズ

 

これらの必要経費を自分で申告することができないのは、不公平だ!こう思うサラリーマンも多いはずだ。
しかしサラリーマンのために、控除の制度もあることは、知っておいてもらいたいんだ。それが、給料所得控除と呼ばれるものだ。

 

 

 

給料所得控除は、必要経費を出しているであろうサラリーマンのために、給料に応じて、一定の控除が認められている制度のことを言うんだ。

 

 

 

最低でも65万円の控除を受けているということは、理解しておいてもらいたい。