株のキャピタルゲインと税金申告について

株のキャピタルゲインと税金申告について

株のキャピタルゲインが20万円以上あると税金を払う必要があります。キャピタルゲインとは株や債券を売って得た利益です。ちなみに、これに対する言葉にインカムゲインというのがありますが、こちらは利子収入は配当収入を指します。

 

 

 

キャピタルゲインにかかる税金は自分で確定申告して納税しても良いし、証券会社の源泉徴収あり特定口座を利用して証券会社に代行してもらってもOKです。

 

 

 

証券会社に頼む場合は納税申告の手間が省けて便利ですが、複数の証券会社に口座を持って取引を行っている場合は事情が違ってきます。

 

 

 

例えばA証券の口座で100万円売却益があっても、もう一つ持っているB証券の口座から150万円の売却損が出ている場合、合計すると50万円の損になるため本来税金を支払う必要はありません。

 

 

 

ただしこれは確定申告した場合の話です。A証券でもB証券でも、持っている口座が源泉徴収あり特定口座だとします。B証券の口座は当然マイナスですから課税はありません。ところがA証券はあくまで自社の口座しか考慮しないので、他社口座で損が出ていることを知りません。

 

 

 

よって、A証券はこの顧客は100万円もうけたものとして100万円にきっちり課税率を掛けた金額を本人に代わって納税してくれます。課税率は20%ですから、20万円も税として取られてしまうのです。

 

自分で税金申告すれば、個人のお財布から見た損は50万円に止められたところを、その手間を惜しんだばかりに合計70万円の損をすることになります。

 

ある意味税法の不備ともいえる制度ですが、制度は制度です。あらかじめ税金申告のメリットとデメリットを考えることで節税できることを勉強しておきましょう。