2つの会社で働いている場合

2つの会社で働いている場合

世の中は不景気で給料が下げられたり、ボーナスをカットされた…という人は多いのではないでしょうか。住宅ローンやマイカーローンがある人にとっては収入を減らされるとかなり困りますよね。最悪の場合、払えなくなり手放してしまうこともあるかもしれません。

 

 

 

そうならない為にも副業をしていたりする人も少なくはないはずです。パソコンでも収入を得ることは出来ますし、稼ぎの良い内職というのもあります。また、会社が終わった後に違う会社でアルバイトをしているという人もいるかもしれません。2つの会社から収入を得ている場合、確定申告が必要となります。

 

 

 

1月1日から12月31日の間で得た収入を計算し、申告しなければ脱税…なんてことにもなり兼ねません。申告を怠ってしまうと税務署から通知が行き、延滞金を要求されることになるので余計なお金を払わなくて済むためにもきちんと申告をするようにしましょう。

 

 

 

確定申告の受け付け期間中は毎年2月中旬から3月中旬です。2つの会社で働いている場合の書く店申告の方法は、主として働いている会社には「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出し、年末調整を行います。そしてアルバイトとして働いている会社には、源泉徴収票と年末調整をした1か所目の源泉徴収票を添付して確定申告を行います。

 

 

 

2か所の会社で得た収入を合算し所得税がどのくらいになるのかが決まります。副業でもきちんと収入を得ているのですからそこは忘れずに申告しなければいけません。