法人口座の作り方

法人口座の作り方

もし法人として活動をする場合には、法人口座を自分の個人用口座とは別に、開設をしておくべきだ。そうしておかないと、確定申告の準備をするときに、お金の出入りの区別をするのが面倒になってしまう。

 

 

 

ところで、法人用口座を開設するためには、何が必要か、考えてみよう。法人用口座を開設するためには、登記簿謄本と、会社の定款、印鑑、印鑑証明書、代表者の証明書などが必要になってくる。

 

 

 

個人事業の人が、業務用の口座を開設するためには、商業登記簿謄本の原本をはじめとして、屋号での登録をすることは、割合簡単だ。でも法人口座となると、提出書類が増えるのと、金融機関からいろいろと質問される可能性があることは、理解しておこう。

 

 

 

また法人口座を開設する際には、事業の拠点をどこに構えているか、事業目的はどのようなものなのかを明確にする必要がある。これらの情報については、しっかりと準備をしておかないと、開設の手続きに時間がかかってしまうかもしれない。