被相続人の確定申告期限は?

被相続人の確定申告期限は?

亡くなった方でも所得税の確定申告は必要になります。通常、所得税は1月1日から12月31日までの収入や支出から所得額や控除額を計算して税額を計算し、翌年の2月16日から3月15日の間に申告と納税を行います。

 

 

 

これを所得税の確定申告といいますが、亡くなった方についても亡くなった日までに受取った収入や控除の対象になる支出があるため、その分についての所得税の申告が必要になるのです。

 

 

 

この場合の申告は準確定申告と言われています。そして、この申告にも期限はもちろんあり、相続人が被相続人が亡くなり相続が開始したと知った日の翌日から4ヶ月以内となっています。その日までに申告と納税を行うことになります。

 

 

 

そして準確定申告には注意点があります。相続人が2人以上いる場合には、各相続人が連署にて申告書を作成することになります。別々に申告することも可能ですが、その内容をそれぞれの相続人に通知する必要があります。

 

 

 

控除対象になる医療費や生命保険料及び損害保険料等は被相続人が亡くなった日までに支払ったもののみが対象になります。被相続人に関する支払いであっても死亡後のものは相続税計算での債務になるので注意が必要です。

 

 

 

配偶者控除や扶養控除は、被相続人が死亡した日までの現況での1年間の見積額で判定します。そして、申告及び納税は被相続人の死亡当時の住所地の所轄税務署に行います。

 

また準確定申告では還付申告になる場合もあります。還付金があった場合は、相続税の対象になりますので忘れてはならないものです。