確定申告における節税のポイント

確定申告における節税のポイント

皆様、毎年確定申告に行かれておられますでしょうか。

 

 

 

特に今年中に会社を退職された方、確定申告に行くことで払った税金が返ってくることがあります。退職時に会社からもらった源泉徴収票を手に取り、手続きをしましょう。

 

 

 

また医療費控除という制度があり、今年中の医療費が10万円を超えている方は、その領収書の金額をきちんと明記して申告することにより、所得により金額の変動はありますがこちらも税金が戻ってきます。

 

 

 

この医療費というのは、その申告者だけでなくその家族も含まれますので、家族全員の医療費の領収書を保管しておくことは家計の節税の為にも大切なことです。

 

 

 

また、公共の機関を使った交通費も医療費に含まれますので、その都度何を利用したか、交通費の金額のメモを取っておいてください。

 

 

 

そして、このようにきちんと確定申告を行うことは節税に繋がり、家計の負担を軽減することが出来るのです。一見、「確定申告」と聞くと難しいような響きですが、誰にでも出来る手続きです。

 

皆様の中には節税になると知りつつも「やり方がわからない」と、毎年手続きを怠っている方もおられるかと存じます。

 

そんな方は勇気を出して、必要な書類(源泉徴収票、会計時に病院から出された医療費領収書など)を揃え、管轄の税務署まで足を運んでみて下さい。そこでは税務署の係員が皆様とご一緒に丁寧にe-taxでの確定申告を行っております。

 

少しでも節税を目指して今年分もしっかり申告を行いましょう。