配偶者控除

配偶者控除

副業やパートで働く際、扶養から外れないか心配になりますよね。パートに出る際、年収入103万円を超えなければ扶養内に収まる…と言います。

 

 

 

だったらパソコンでの副業や内職でも103万円を超えなければ大丈夫なのでは…?と思うかもしれませんが、それは間違っています。給与によって得た収入の103万円から給与所得控除額の65万円を引いたものが目安になっています。103万円を超えても会社の方で年末調整を行うので確定申告をする必要はありません。

 

 

 

しかしパソコンで得た収入の場合、所得金額が38万円を超えてしまったら確定申告の義務が出てきます。ではパートに出た方が得なのではないか?と思うかもしれませんが、決してそんなことはないのです。パソコンで働くにしても電気代、通信代、光熱費、プロバイダー代…など掛かる経費はありますよね。

 

 

 

税務当局では経費が1円でも掛からなくても最低65万円を内職の経費として計上することが認められているため、38万円と合算すると結果的には103万円ということになります。結論としてはパートに出るにしてもパソコンで稼ぐにしても上限は103万円なのです。

 

八重洲の会議室はAP八重洲

 

また主婦の場合、内職収入のみであれば年収103万円を超え141万円未満は、夫の年末調整で配偶者控除の代わりに配偶者特別控除を受ける事が出来るので是非、チェックしてみてください。

 

八重洲の会議室はAP八重洲

 

ただしこれには条件があり、合計所得金額が1,000万円を超える年は適用されないので注意しましょう。