確定申告って何だろう

給与所得者で確定申告が必要な場合

基本的に、給与をもらっていて、所得税が源泉徴収される人で、年末調整を会社でしてもらっている人の場合は、確定申告は必要ない。

 

 

 

へぇ、会社って、今まで気付かなかったけど、こういった面倒な事務もやってくれているんだから、ありがたいんだね。毎年自分で申告書を書いたりする手間を考えると、助かるよ。

 

 

 

でも、給与所得を貰っている人でも確定申告が必要な人はいる。例えば、給与年収が2000万円以上の人は確定申告が必要だ。また、年収が2000万円もなくても、給与や退職所得以外の所得があれば、その金額によっては確定申告が必要になる。

 

 

 

2か所以上から給与をもらっている場合も、年末調整をしてもらわなかった方の給与の合計が20万円以上であれば確定申告の対象になる。面白いところでは、日本にある外国の大使館や領事館で働く人たちも、源泉徴収されない場合は、確定申告の対象になるようだ。へぇ、日本の中の外国、っていうのは本当なのかもしれないね。

 

 

 

要するに、収入に応じた税金をまだ払っていない人は、確定申告して、未払いの部分を払ってね、ということのようだ。じゃあ、部長たちのうち、年収2,000万円を超えている人がいるってことかな?それとも副業をしているとか?

 

 

 

ところで、逆の場合もあるんじゃないかな、収入に比べて、税金を払い過ぎている、っていうこと。そういうケースは、どういう場合に起こるんだろう。