妊娠・出産したら確定申告を

妊娠・出産したら確定申告を

妊娠・出産をするとかなりのお金が掛かりますよね。出産するまでの間、病院に通うことになりますし検査なども受けなければいけません。

 

 

 

昔に比べると大分、お金は掛からなくなったかもしれませんがそれでも決して安いとは言えませんよね。しかし妊娠・出産をした翌年は確定申告をすればお金が戻ってくるのでチャンスです。また確定申告をする際の医療控除は家族全員分を挙げることが出来ます。

 

 

 

例えば父母子の3人家族であれば、3人の医療費が該当するので母の出産だけでなく、子の小児科や父の歯科医で掛かったお金も一緒に申告する事が出来ます。そして確定申告をする条件は1年間(1月1日から12月31日)で10万円以上かかった場合です。

 

 

 

医療費だけで10万円は中々ありませんよね。それこそ本当に出産や入院、手術などをしないと該当しないでしょう。申告する際には領収書やレシートが必要となるので捨てずに必ず取っておくようにしましょう。

 

 

 

また申告できるの妊娠中の検診費や出産費用以外にも、産気づいて使ったタクシー代や通院のためのバス・電車代、入院時に必要だった水枕代、歯の治療代なども該当します。しかし入院中に使ったパジャマ代や妊娠検査薬代、里帰りの電車代などは該当しないので気を付けてください。

 

 

 

あくまでも治療に必要だったものが申告の対象となるのです。もしかしたら思っているよりも還付金は少ないかもしれませんがそれでもお金が戻ってくるのって嬉しいですよね。