人には聞けない確定申告の基本

人には聞けない確定申告の基本

2月中旬から3月中旬にかけて確定申告が始まります。主に個人自業者や1年間の医療費が家族全員で10万円を超えた人、家を購入した人もしくはリフォームした人…などが確定申告をする必要があるのですが、皆さんは大丈夫ですか?

 

 

 

例えば申告しなければいけない所得を申告しなければそれは脱税になってしまいますし、逆に税金を払いすぎた人にとってはお金が戻ってくる可能性があります。確定申告とはつまり、所得税額を「申告納税」するところ、そして納め過ぎた所得税を「還付申告」するところなのです。

 

 

 

1月1日から12月31日までに得た所得、または払った所得税が対象となっています。2つの会社から給料を貰っている人、副業をしている人、妊娠・出産をした人、何度も入院を繰り返した人、家を購入した人やリフォームした人などが申告する事になっています。

 

 

 

もちろん、個人事業者の人もそうですよね。1年に1回の出来ごとなのでどうしても申告の仕方を忘れてしまったりすることもあるかもしれません。

 

 

 

その際は税務署の職員に聞いてみると分かりやすく教えてくれます。確定申告の期間中は特設会場を設けてくれるところもあるようですが、大抵待たされます。だったら自宅でも出来るパソコンから申請するのも良いのではないでしょうか。ちなみに他にも郵送という方法もあります。

 

 

 

間違っていたら税務署から返送されてくるので安心ですし、待ち時間なく自分の好きな時間に申請できるというのは大きな魅力ですよね。