アルバイトと確定申告

アルバイトと確定申告

アルバイトをしている人は、自分が税金を支払っているという感覚が少ない人も多いかもしれない。通常給料を受け取るときに、そこから源泉徴収になっている可能性もないことはない。すると、働き方によっては、税金を余計に支払ってしまっている可能性も全く否定することはできない。

 

 

 

もし給料から会社の方で税金が差し引かれているのであれば、会社に源泉徴収票の発行をお願いしよう。もし源泉徴収票に記載されている金額が103万円以下だったとする。

 

 

 

すると、給料所得控除は65万円であるから、残りは38万円に満たないということになる。
残った額が所得ということになるのだが、38万円を超えない場合には、税金はかからないことになっている。

 

 

 

ということは、源泉徴収された税金は、あなたが本来支払う必要のないお金ということになるわけである。
確定申告を税務署で行えば、もともと支払う必要のないお金であるから、還付を受けることができるのである。