副業の確定申告

副業の確定申告

副業をしている人はたくさんいるのではないでしょうか。アルバイトとして違う会社で働くのも良いかもしれませんが、家で内職やパソコンで稼ぐ人も多いかと思います。しかし毎年2月中旬から3月中旬に行われる確定申告できちんと申請していますか?

 

 

 

2つの会社から収入を得ている場合もそうですが、副業をしている人も確定申告はしなければいけません。副業で得た収入は把握しておかなければいけませんし、他にも掛かった経費も把握しておかなければいけません。確定申告で上げられる経費として何があるか知っていますか?

 

 

 

文房具をはじめ電話代やプロバイダー費用、宅配便、取材や打ち合わせのための電車賃やタクシー代、電気・ガス・水道料といった光熱費、パソコン、プリンタ、デジカメなどの修理費など副業に関わる経費ならなんでも上げることが出来ます。

 

 

 

また、10万円のパソコンを買った年には一括で上げれるので明細書やレシートを取っておくと何かと役に立ちます。電車代やバス代に関しては明細書ではなく、メモ書きでも十分です。また主婦の場合は年の収入が103万円を超えたとしても141万円未満であれば旦那さんの年末調整で配偶者特別控除に該当する事が出来ます。

 

 

 

ただ年収入が130万円以上になってしまうと自分で年金と健康保険を支払わなくてはいけなくなるので気を付けてください。

 

 

 

副業をしている人は確定申告、それに主婦の人であれば決められた金額内に収めると効率的です。