税の豆知識:所得税編

税の豆知識:所得税編

サラリーマンでもできる所得税の節税方法で最も簡単なものは、生命保険に加入することです。また、年の途中で退職した場合は、所得税の還付が受けられる場合が多くなります。

 

 

 

会社を年初に辞める場合、給与が103万を超える前に退職すれば所得税がかからなくなるので、103万円を超えないうちに退職を検討するのも手です。

 

 

 

また、住民税に関しては99万円となりますので、99万円未満なら住民税もかからないのでもっと良いということになります。

 

 

 

次に該当者だけの節税方法を紹介します。手術などをして医療費がたくさんかかった人は還付申告をすることで税金の還付が受けられます。また、扶養家族が増えた人も申告によって還付が受けられます。

 

 

 

仮に出産予定日が年末年始の場合、多少無理してでも年末までに子供が生まれた方が所得税は節税できます。結婚も年始よりも年末にすれば扶養家族が増える可能性があります。

 

 

 

ただし、結婚相手の所得が高い場合は無意味です。結婚相手が無収入や低所得で扶養家族になれる場合にのみ節税対策となるのです。

 

誰でも大幅な節税も可能であるが、ちょっと大変な節税方法も紹介します。それは副業をすることです。副業をすることで、副業にかかった経費を経費計上できるようになるので、通常は大幅な所得税対策になります。

 

例えば、携帯電話の通話料や維持費も、副業で使っていれば経費とできるわけです。全額ではなく按分する必要があるかも知れませんが、色々な経費を経費計上できるようになるので、大きな節税対策が可能となります。