無職で確定申告

無職で確定申告

無職の人でも、確定申告をしないといけない場合もある。こういわれて「なんで?」と思う人もいるかもしれないよね?

 

 

 

そもそも確定申告は、仕事をして報酬を得ている人を対象に税金がいくらぐらいになるのか確定させるという意味で行っている。働いていない無職の人が、申告する必要はないのではないか?確かにもっともな意見だ。

 

歯科医院 居抜き物件

 

しかし無職の人でも、1年間、全く何もしていないという人ではないケースもあるかもしれない。短期間でもあってもバイトなどをして、何らかの収入を得ていたという人もいるかもしれない。この場合、バイト先で給料をその人に支払うときに、源泉徴収をしている可能性もある。

 

 

 

おそらく短期間しか働いていない人は、103万円以上の税金を納めないといけない対象には含まれていないだろう。ということは、税金を本来支払う必要はない。

 

 

 

よって、源泉徴収分のお金は、取り戻すことができるというわけだ。少々面倒くさいかもしれないが、手続きをすれば、多少のお金を取り戻すこともできるんだ。

 

東京 貸し画廊 エッサム神田ホールはこちらから。