103万円の壁

103万円の壁

主婦の人が家計の支えとして、パートをしているという話をよく聞く。そこで指摘をされていることとして「103万円の壁」という話がある。

 

 

 

もし年間のパートによる収入が103万円を超えなければ、税金を払う必要がなくなるということだ。もしパート先で源泉徴収を行っている場合、この103万円を超えなければ、税金を余計に支払っていることになる。

 

 

 

税務署に行って申請をすれば、支払った税金分を取り戻すことができるので、ぜひともやってもらいたい。

 

 

 

主婦の中には、103万円の壁のことを知っている人もいるかもしれない。その場合、103万円を超えない範囲という条件で、パートの契約をしている人もいるだろう。

 

 

 

この場合、あなたには税金の支払い義務がもともとないということを店側も知っているので、源泉徴収をしていない可能性もある。源泉徴収を会社の方で行うのも、面倒くさいと感じるケースもあるからだ。この場合には、上で紹介をした税務署に行って、還付の手続きをする必要もない。